真に使えるRP(ラピッドプロト)。SLS造形での商品開発試作のご紹介。
(株)エーエム開発モデル製作所
ホーム
技術紹介
商品開発試作
RP(ラピッドプロト) SLS試作
RP 3Dプリンター試作
切削加工試作
真空注型試作
模型船制作
システム紹介
CAD
技術部便り
RP 技術よもやま話
モデリング サンプル
会社案内
概要・沿革
交通アクセス
お問い合わせ
プライバシーについて
サイトマップ
ホーム商品開発試作>RP SLS試作 お問い合わせ

RP(ラピッドプロト) SLS試作

 RP SLS試作TOPプロセスサンプルマテリアル
SLSって何?
ラピッドプロトタイピングという工法はご存知の方が多いでしょう。SLSとは、Selective Laser Sintering (※) の略で、米国DTM社が開発した積層造形工法であり、ラピッドプロト タイピングの一つです。しかしながら他の工法と大きく違う所は、微細粉末を素材とし、それを炭酸ガスレーザーで焼結させるところにあり、素材は、金属・樹脂・ゴム・鋳造中子砂、と多彩です。
弊社では、ナイロン樹脂素材を中心として造形サービスを展開しています。

※Selective Laser Sintering:
「選択的レーザー焼結」という意味であり、SLSはこの略語で、この分野のパイオニア的会社であるDTM社(USA)がこの呼称を使い始めたという経緯があります。しかし、DTM社は3Dシステムズ社に買収されており、現在SLSは3Dシステムズ社の登録商標となり製造販売されているシステムです。

ラピッドプロトタイピング工法の種類




液体樹脂に光重合開始剤をブレンドした樹脂に紫外線を照射するタイプ
紙を一層ごとに断面形状にカットして積層するタイプ
線状の樹脂を溶融させながら断面形状を描き積層するタイプ
粉末材に接着剤をインクジェットに似たノズルで吹き付けて固化させるタイプ
などなど、ラピッドプロトタイピングには様々な積層工法が次々と編み出されています。中には??と首をかしげたくなるような物まであるようです。
SLSは大別して上記のどのグループに属するのかと言えば、粉末積層工法と言えます。しかし、接着剤は使用せず、炭酸ガスレーザーをピンポイントで照射し、それを熱源として素材粉末を溶融固化させます。

SLSはどこが優れているのか

光造形やシート積層工法では、実現が困難な汎用プラスチックに非常に近い物性の積層物が造形できる唯一の工法です。
液体ではないのでサポートが無用であり、つまりサポート付加やサポート除去工程が必要ありません。
溶融固化というプロセスを考えると、金型での成型にプロセスが近いことに気づかれることでしょう。 初期のSLSは粉末の表面のみを溶融させて隣の粉末とくっつけるといういわば焼結に近いレベルでした。 (そのためSinterという焼結を意味するシステム名をつけられていたのです) しかし、現在ではより深部まで熱を加えほぼ溶融という言葉で表現しても良いレベルまで溶かしてから固化させています。
これらの事から、樹脂粉末を素材としてのSLSは、汎用プラスチックに非常に近い物性値を得られるのです。詳しくは、SLS試作 マテリアルのページを参照してください。

SLSの加工性

SLSの加工はもちろんOKです。ドリル加工・エンドミル加工・接着加工・塗装等々、汎用樹脂と同等に行えます。

SLSの用途

物性値が優れていることから、他のラピッドプロトでは満足な試験ができなかった分野にも適用できます。
スナップフィットでの組み付け・ヒンジ物・繰り返しのネジ締め等の組み付け確認試験。
走行テストや落下試験。
プロペラファンなどの回転試験。
表面をしっかりと仕上げて風洞や水槽での流体実験。
真空注型のマスターモデルとしても、多数回のシリコン型取りに耐えるモデルとの高い評価を得ています。
SLS造形品ネジ止め:粉体造形 プロペラファン シロッコファン:粉体造形 SLS 家電ケース:粉体造形 SLS
弊社AMDMでは、ソリッドモデリングサービスから、造形、塗装仕上げ、必要があれば造形品への機械加工まで、一貫して自社内で行う事ができます。
小物であれば、緊急に多数の実用部品が必要な場合にも2〜3日で対応可能です。
このように、液体樹脂や紙などでは考えられなかった分野に使用できるプロトタイプ、実用部品に応用していただける魅力があります。
しかし、なにも特殊な用途にしか向かないわけではありません。液体樹脂の光造形や紙造形で製作していた試作品をSLSで造形すれば、 落としても壊れない、乾燥剤を入れた入れ物で保管しなくても良い、など造形物の取り扱いに細心の注意をはらわなくても良いものができます。

この魅力的なRPサービスを我社は3台のマシンで稼動させています
SLSマシン:Sinterstation2500 SLSマシン:Sinterstaion2500plus
SLSマシン:Sinterstation2500 SLSマシン:Sinterstation2500plus
高品質試作のご要望に対応
〜こんなお悩みはありませんか?〜
1. スナップフィット組み付けがしたい
2. ヒンジ形状がある
3. 高速回転実験(ファンなど)がしたい
4. 耐熱を要求する
5. 落としても壊れない物が欲しい

〜そんなご要望にお応えします〜
見るだけのRPでは、商品開発の試作目的が果たせません。
         ↓↓
真に使えるRPを追求した結果、現在はSLSしかないとの結論にたどりついたのです。
弊社エーエム開発モデル製作所は、日本の試作業界では他社に先駆けて、最も早く(1998/12)SinterStation2500を導入しました。

  当社では造形のみではなく前工程の3Dモデリング、後工程ではRP製品をマスタとして真空注型他にも塗装・印刷・真空蒸着迄と一貫した受注にも対応しております。

また、製作部品に合った造形法のご提案等も致しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちら
TEL :059-372-0860
FAX :059-372-1152
MAIL:contact@amdm.co.jp

 RP SLS試作TOPプロセスサンプルマテリアル
▲ ページのトップへ戻る
Copyright(c) 2005 AM DEVELOPMENT MODELLING CO.,LTD All rights reserved.