DoraFormで積層造形した試作品の物性試験表の対比結果。
(株)エーエム開発モデル製作所
ホーム
技術紹介
商品開発試作
RP(ラピッドプロト) SLS試作
RP 3Dプリンター試作
切削加工試作
真空注型試作
模型船制作
システム紹介
CAD
技術部便り
RP 技術よもやま話
モデリング サンプル
会社案内
概要・沿革
交通アクセス
お問い合わせ
プライバシーについて
サイトマップ
ホーム商品開発試作RP SLS試作>マテリアル お問い合わせ

RP SLS試作のマテリアル

 RP SLS試作TOPプロセスサンプルマテリアル
3Dsystems社が発表している物性値
項  目 試験方法 DuraForm (PA)
一般物性  比重(g/cm3)(2)  ASTM D792, 20ーC 0.97
 原粉密度(g/cm3) (2)   0.41
 タップ密度(g/cm3)  ASTM D4164 0.59
 平均粒子径(lm)(1)  レーザー回析 58
 90%粒度範囲(lm) (1)  レーザー回析 25〜92
熱的特性  融点(ーC)  DSC 184
 荷重たわみ温度(2)
 DTUL(ーC)
 ASTM D648, 0.45MPa 177
 ASTM D648, 24H 86
 線膨張係数(ーC-1)  TMA, x10-4 N.A.
機械的
特性(2)
 降伏点(MPa)  ASTM D638 44
 引張弾性率(MPa)  ASTM D638 1600
 破断伸び(%)  ASTM D638 9
 曲げ弾性率(MPa)  ASTM D790 1285
 衝撃強度
(J/m)
ノッチ付  ASTM D256 216
ノッチ無  ASTM D256 432
電気特性(1)  抵抗(ohm x cm)  ASTM D257-93, 22ーC, 50%RH, 500V 3.1E+14
 表面抵抗(ohm x cm)  ASTM D257-93, 22ーC, 50%RH, 500V 3.0E+14
 誘電率  ASTM D150-95, 22ーC, 50%RH, 5V, 1000Hz 2.9
 誘電強度(v/mm)  ASTM D149-95a Method A 1.6E+4
 抵抗(ohm x cm)  ASTM D5288-92 585
化学安定性  アルカリ・ハイドロカーボン・燃料・溶剤に安定
表面処理(3)  成形後 (μm)  DTM社内 8.5
 表面処理後 (μm)  DTM社内 0.13

エーエム開発モデル製作所が作成した試験片による物性試験表
(ASTMでは判りにくいという声に応えてJI規格で計測 また 焼結条件の違いが及ぼす物性値の差異を数値化したもの)
DuraForm(PA)
試験項目 試験方法 単位
引っ張り JIS K7113 kg/mm2 5.22
伸び率 18
曲げ強度 JIS K7203 kg/mm2 7.54
曲げ弾性率 kg/mm2 170.54
圧縮強度 JIS K7208 kg/mm2 7.25
圧縮弾性率 kg/mm2 117.23
熱変形温度
18.6kg荷重
JIS K7207 121
ヒートサグ試験 温度 変化量 mm
125×10×t=3.0の試験片をオーバーハングの状態で固定し1時間に10℃づつ温度を上昇させて先端の高さの変化を測定
60℃/1h 0
70℃/1h 0
80℃/1h -0.5
90℃/1h -1.0
100℃/1h -1.0
マイナス数値は垂れ下がらずに先端が上がっている事を表わす。
(意図的にレーザーパワー設定を変えて密度の違う試験片を製作)
(試験機 島津製作所 オートグラフAGS-10Kng)

Duraform(PA)と一般射出成形材料との物性比較表
試験項目 試験方法 単位 ABS ナイロン11 PP ポリアセタール ポリカ アクリル Duraform
(PA)
引っ張り JIS K7113 kg/mm2 4〜5.3 5.3〜5.5 2.1〜4 5.8〜8 5.5〜7 4.7〜7.7 5.22
伸び率 % 3〜20 300〜500 100〜800 25〜75 100〜130 2〜10 18
曲げ強度 JIS K7203 kg/mm2 7.7〜9.1 3.5〜4.9 9.91 9.49 9.1〜13 7.54
曲げ弾性率 kg/mm2 170.54
圧縮強度 JIS K7208 kg/mm2 1.2〜8.8 2.6〜5.6 12.7 8.44 8.4〜12.7 7.25
圧縮弾性率 kg/mm2 117.23
熱変形温度
18.6kg
JIS K7207 75 54 88 124 130 99 121

  当社では造形のみではなく前工程の3Dモデリング、後工程ではRP製品をマスタとして真空注型他にも塗装・印刷・真空蒸着迄と一貫した受注にも対応しております。

また、製作部品に合った造形法のご提案等も致しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちら
TEL :059-372-0860
FAX :059-372-1152
MAIL:contact@amdm.co.jp

 RP SLS試作TOPプロセスサンプルマテリアル
▲ ページのトップへ戻る
Copyright(c) 2005 AM DEVELOPMENT MODELLING CO.,LTD All rights reserved.